笑いあり涙あり IT機器にまつわる体験談

IT機器をlinuxで使うときにプリンタが問題になります

Windowsに変わってUbuntuなどのLinuxOSが利用されるシーンが見受けられます。本来はその優れたサーバ機能を利用してサーバ機としてコンピュータを管理するために使われるのですが、最近は使いやすいデスクトップ環境の普及も手伝って、個人のコンピューティング全般に利用される生活OSとしての側面も見られるようになってきています。まずLinuxの利点はOSのライセンスがフリーだということです。コストが必要ないので気楽にOSを利用することができます。それではLinuxを使えば生活OSとして何ができるでしょう。ブラウザやオフィスソフトなどがパッケージされている場合はそれらの機能が使えます。かなりの日常の処理がカバーされます。IT機器をlinuxで使うときにプリンタが問題になります。これはプリンタのドライバーがlinuxに対応していない場合に動かなくなります。しかし最近はlinuxの普及も手伝いlinuxへの対応も進んできました。

プリンタの情報をよく見てLinuxの対応機種を選ぶようにしましょう。Windowsを利用する時にはどうしてもライセンスが必要になります。Windows込みのコンピュータを買う人にはコストの意識はないかもしれませんが、自作でコンピュータを作る人はWindowsをわざわざ購入してインストールして利用します。この購入代金がコストに反映されるのです。linuxをうまく利用すればライセンシーに悩むことなく最新のOSを試すことが出来ます。

注目のキーワード

Copyright 2017 笑いあり涙あり IT機器にまつわる体験談 All Rights Reserved.